R4 司法書士試験を受けて来ました

令和4年度の司法書士試験を受けて来ました。
会場は、今回は全員早稲田大学になりました。私としては過去に何回か来たことがあるし、記念すべき司法書士試験第一回(お試し受験)の受験地だったので、感慨深くもリラックスして行くことが出来ました。よ~し!ここで合格を決めるぞ!と意気込んでいたのですが・・

前日の移動と下見は特に問題なく、駅の出入り口、乗る車両、通る階段、券売機の位置などなどを確認し、万全の体制で臨みました。

試験自体は、いままで勉強してきたことを出そう、ウッカリミスさえなければ合格のはずだと頑張りましたが、自信をもって切れない肢があったり、これはどっちだったかな~みないな肢が結構ありました。今回の試験に臨むにあたって、基本的な論点に絞って基礎を固めてきたつもりでしたが、今一つ詰めが甘かったようでした。それでも、今まで苦手で基準点に達しなかった午後択一が、今回はなんとか基準点レベルに上がりましたし、記述式はほぼ流れが理解でき、一通りに書く事が出来ました。とはいえ不登法で一つ大きなミスをしたし、商登では合同会社は書けませんでしたので、合格レベルにはないなという事も確認できてしまった事になります。

年明け頃からスタディングで勉強を再開し、2年計画で令和5年度の合格を目指していましたので、ある意味今年度の試験は予定通りの不合格なのですが、もう少し頑張れば合格出来たかな~と思うと残念な気もします。でも、今回やっと司法書士試験の広さが分かった気がしますので、そこは良かったと思います。

よく言われる事ですが、「基本的な論点をしっかり押さえれば大丈夫」、「全肢を回答しなくても大丈夫」、という事が体感的に理解出来ましたし、午後の部の時間の短さもなんとか克服できるようになりました。

来年は確実に合格レベルに達せられるよう、悔しい気持ちを押さえつつ、いまから計画を立てて勉強を再開します。

応援いただけると幸いです